サイトのために写真撮影をしたら、思いっきりウェディングフォトになった話

この魔法の杖サイトをリニューアルするにあたり、プロのカメラマンに自分たちの写真を撮って頂くことにしました!

お願いしたのは、愛妻家フォトグラファーの山下信也さん。

私たちがサイトディレクションのご依頼を受けて撮影から行う場合に、いつもお願いしているカメラマンさんです。敏腕ですよ★

今回は「ムーミンバレーパーク」で撮影して頂きました!

特に事前にカット内容をこちらで考えたわけではなく、自然体の自分たちを撮ってもらおうと、完全に信也さんにお任せしました。

当日ムーミンバレーパークに着くと、雨がぱらついていたにも関わらず、人・人・人!!

こんなに人がいることは計算外だったので、一気に動揺してしまいました。(ひと目を気にするビビリの私。笑)

信也さんがタイミングを見計らってポーズもすべて指示してくださったのですが、

これがまた慣れてないし(自意識過剰だけど)こっ恥ずかしくて…!!!!!

いろーーんなビリーフが勃発しまくる!!!!!笑

…こ、こ、これはプロフィール写真というか完全にウェディングフォトだぞ…笑 と思いながら、照れながら、抵抗しながら、撮影は進んでいきました。

とはいえ、そしてせっかく撮ってもらったウェディングフォト的なそれらの写真が埋もれてしまうのはもったいないので、ブログに少し残しておこうと思います。

ムーミンバレーパークのアイコン的存在・ムーミンの家を背景に。

意外と夫の方がノリノリな件。

雨が降っていたとは思えないくらい、緑色がきれい。信也さんすごい。

「10年後について会話して」と言われて、会話する図。

私爆笑してるけど、なにがこんなに面白かったんだろう…笑

本当は箒に乗って浮遊してるおふざけ写真も撮りたくて、わざわざ竹箒も買って持参したのに、どーーーしても羞恥心が邪魔をして撮れませんでした。笑

このワンピで箒持って歩いていたらさすがに通りすがる子供たちに「魔女がいる」と言われて、ものすごく恥ずかしかったです。笑

こんなポンコツの私にも、たくさんの提案をしてくれて天候も悪い中最善を尽くしてくれた信也さんには感謝しかありません。

(終始、雨で髪がちゅるちゅる&ペタンコになってる笑)

信也さん、本当にありがとうございました。

「プロフィール写真を撮る」というのは私の中で遠い夢であり冒険でした。

このサイトを作っていくと意図を立てたことで、えいやっっ!と挑戦できた気がします。

これまでたくさんのサイトを制作・納品させて頂きましたが、

ビジュアルの持つ力って、やっぱり偉大だと痛感しています。

どんなに美しく整っていたとしても、市販の「イメージ写真」を使ってサイトを作っていくよりは、

そしてその人らしさ・その会社らしさが出ている写真をオリジナルで撮影した方が何倍もパワーがあるし、エネルギーがストレートに受け手に伝わっていくのです。

私たちは、「その人らしさ・Be your self」こそ大事にしたいし、透明の鏡になってその人を映し出すことを得意としています。

サイト制作においては、写真撮影の段階から寄り添い、ご相談に乗りますので、お気軽にお声がけください。

***

おしまい♪

この記事を書いた人

Chie HIGO

Chie HIGO

WEBクリエイトチーム「魔法の杖」ディレクター。心理カウンセラー/セラピスト。魔法の杖では主にサイトのディレクションとデザインを担当している。